子ども達が毎日削るかつお節。
できたら「常磐もの」を…
ということで、行ってきました。

山一中田商店

山一中田商店

江名漁港の目の前。震災で大きなダメージを受けましたが、建て直して店を構えていらっしゃいます。

鰹節文化の伝承に力を注ぐ山一中田商店。
いわきは昔からカツオ漁が盛んで保存のきく鰹節も多く作られてきましたが、現在は生カツオから削り節になる工程を全て手作りで行う鰹節屋は全国でも数少なくなってきました。

応対してくれた、おかみさんに、かつお節の種類を色々お聞きしました。
現在、泉キッズCAMPで使っているのは背節。
その背節は上品な出汁が取れるということでした。それに少しコクがある腹節。

また、いわきでは昔から使っていたという背と腹が一緒になっていて少し小ぶりの亀節。
亀の甲羅のような形からそう呼ばれるそうです。

その三種類を購入してきました🎵

早速「常磐もの」のかつお節を削ります😊
今日のおやつの味噌汁は、かつお節と煮干し出汁のネギと油揚げのお味噌汁でした。
「おかわりーっ!」の声がいつもより多かったなぁ😄