「こんぺいとう」色も形も色々で、凸凹でキラキラしてて、美味しい!
「発達障がい」いい所苦手なところの凸凹がいっぱいあるけど、そこがまた魅力的!

だから私は「発達障がいをもつ子ども達」を愛を込めて「こんぺいとうキッズ」と呼んでいます。

NPO法人VlDAは3月から「放課後等デイサービス アミスター」を開所します。
アミスターとはスペイン語で友情という意味です。

昨年10月頃から「放課後デイサービス」の開所に向けて準備をはじめました。
本当は「泉キッズCAMP」と同時にやりたかったのですが少し遅れての準備となりました。

私がVIDAを発足したのが2005年。
出会った2000人を越える子ども達。
その中には、こんぺいとうキッズも多かったです。 だいたい100人に6〜7人の人が「発達障がい」の可能性があると言われています。

そして現在キッズCAMPにも、こんぺいとうキッズ達います!
健常児との関わりをみていると、ひとつ屋根の下で、しぜんと助け合いながら、お互い成長しています。

今後は、こんぺいとうキッズ達に「個々の療育」も取り入れていきます。
「発達障害」は元々その人が持っている特徴なので、ある日突然そうなったり、努力しないからなったりするものではありません。

不安、自責、そして孤立する保護者がいるのなら一緒に子育てします!

発達を支援するということは子どもだけではなく保護者も支援することにほかならないと思うから。

VIDAの理念「dore to be different」
「あえて違うものになれ」

みんな違っていいんだよ。

どうぞ、これからもご支援ご鞭撻の程よろしくお願いいたします。