こんにちは本日のブログの担当は『おなつ』です!!

今日も『第2アミスター』での子どもたちの活動をピックアップしてご紹介していきますね (  ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾

 

 

それでは Let’s go ~ 𓇼.

↓↓↓

先日は初めて『リトミック』を行ってみました 𓇼.

リトミックとは • • •

全身を使って音楽を動きで表現するリトミックと、音楽を聴く耳を育てるソルフェージュ、即興演奏を組み合わせ、音楽の諸要素を体験する事を教育法の原点に置き、音楽理解を深め、動きによって得た筋肉感覚を生かし、その積み重ねにより自己を開放し、磨かれた感性をもとに、自己音楽表現を可能にする事がこの教育法の目的です。

音楽に合わせて自由に動いたり、止まったり、走ってみたりと最初は恥ずかしそうな子どもたちでしたが • • • 最後は楽しくて動きまわって汗だくです (  ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾

 

今回の『リトミック』の療育的なねらい

◉集中力がつく
音楽に耳を澄ましながら、音に合わせて体を動かすという「聴いて動く」動作を繰り返すことによって、一つの物事に対する集中力がつくと考えられています。

◉表現力が豊かになる
リトミックでは、音楽を聴いて自分なりに表現する場面がたくさんあります。「どんな風に表現したらいいのか」、何度も考えて表現するうちに、多様な表現方法を体得していくことが期待できます。

◉社会性、協調性が身に付く
他者と動きを合わせたり、同じタイミングで行動したりすることで、集団で活動する難しさ・楽しさを体感でき、そうした中でコミュニケーション能力の向上を促します。

その他にも、音の様子(強弱、高低、スピード)から求められる行動を考える判断力や音楽の基礎的な力、運動能力が身につくといわれています。

 

 

 

その後はお決まりの • • •

 

それでは今日のところはここまで 𓇼.

また明日のブログをお楽しみに (  ᴗ͈ˬᴗ͈)⁾⁾